Keiyaku.Aiの特長

契約書の作成・編集→承認→締結→管理・運用をワンストップで行える日本初のブロックチェーン基盤の新契約プラットフォームで、契約の4つのプロセスを効率化します。

作成・編集が簡単
自社で作成したワード、エクセルもテンプレート化して、契約書フォームとして使用可能です。
承認が早い
契約書の閲覧/編集/署名がマルチデバイスで可能です。確認、修正、再確認までのスピードが早くなります。
契約締結までがシンプル
契約相手との確認、修正、社内承認のやり直しなど、締結までの煩雑なプロセスをシンプルに効率化します。
管理・運用が安全
ブロックチェーン上に独自の暗号化技術で契約書を安全に保管します。改ざん、漏えいから守ります。

新契約プラットフォームの技術

Kelyaku.Aiでは、リーガルテック社の独自のディープテックにより、従来の紙ベースにおける契約の非効率問題と、従来の電子契約における安全性の課題を解決する新契約プラットフォームを実現できます。

契約の進化

ビジネスのデジタル化をマネジメントする契約プラットフォーム

Keiyaku.Aiは、従来の紙ベースの契約プロセスから単なる電子署名化だけでなく、
契約業務の全てをディープテックによりデジタル化することで、
企業法務のコスト削減、効率化、AI活用までをマネジメントする契約プラットフォームです。

コスト削減

これまで費用としてかかる紙や印紙代、印刷費用はもちろんのこと、手動の契約プロセスにおけるリソースの節約で大幅なコスト削減になります。

業務効率UP

契約書/合意書/稟議書などの契約のやりとりにかかる日数が飛躍的に短縮されます。これまでのフローが改善される為、業務の効率UPが実現されます。

保管・管理の改善

印刷した書類の保管に比べて紛失、消失のリスクがありません。ブロックチェーンに保存されることで、契約書を永久的に残すことができます。

コンプライアンスの強化

独自の暗号化技術で契約書をブロックチェーン上に保管することで、偽造、改ざんを防止します。社内の法務業務のコンプライアンス強化に。

AIの活用

独自のデータ加工技術を用いて契約書をAIに適した形にデータ生成し、貴社にとって最適なAI契約システムの構築を支援します。

BigDataの保存

管理が煩雑になりがちな契約書の保存はもちろんのこと、画像や音声データ、動画の大容量ファイルもブロックチェーン上に保存が可能です。

データ保護

ブロックチェーンは改ざん耐性に優れたデータ構造になっている為、データを保護するという観点からも、非常に適した技術です。

信頼性の強化

分散型台帳としてのブロックチェーンは、データの整合性と信頼性を確保する特性を備えています。契約を行う際の信頼性を強化します。

Keiyaku.Aiの導入に向けて取り組む企業様へ


中小企業向け 次世代契約   大企業向け 次世代契約構築