電子契約とは

従来の契約締結は合意内容を証拠として残すため、紙の契約書に印鑑で押印するという形で取り交わされてきました。

電子契約は、電子署名並びにタイムスタンプを付与した電子ファイルにインターネットや専用回線などを経由して、契約を締結します。

電子契約の利用状況

電子契約の利用状況は、2017年からの3年間で4割を超えています。日本において、紙から電子契約へのデジタルトランスフォーメーションは進んできました。電子契約の活用は、書面による契約に比べ、労力、経費の削減や手続きに要する時間の短縮が図られるだけでなく、契約の適正化の促進、取引の活性化に繋がります。しかし、電子契約が普及したことによって新たな課題も生まれています。

電子契約の利用状況

電子契約における新たな課題

紙の契約書業務に対して、電子契約書では効率性が改善されました。ただ、現在の電子契約において、電子化のメリットが どこまで生かされているでしょうか?また、紙の契約書の場合には紛失や悪意のある持ち出しなどのリスクはあるものの電子データを送信する際のさまざなリスクや、証明力など、安全性においては電子データよりも確保されていました。

効率性の課題

→ 電子化された契約書は、企業戦略を担う重要なデータ
→ 活用するために適したデータ形式で保存されていない

安全性の課題

→ 電子証明書は一企業による証明手段となる
→ 改ざんの意図は一企業に委ねられる
電子契約の課題

Keiyaku.Aiの導入に向けて取り組む企業様へ


中小企業向け 次世代契約   大企業向け 次世代契約構築