LaaSとは

Laas(Legal as a Service)とは

リーガルテック社の LaaS(Legal as a Service)とは、リーガルにおける PaaSプラットフォームです。企業法務におけるデータの扱いについては、セキュリティの確保と情報漏えい防止のために、法務部門に対してますますデータ保護のための信頼性を維持することが求められています。

LaaSでは、企業ごとにプラットフォームを導入、構築、運用し、企業内で閉じた形で管理をされます。LaaSの管理者は企業ごとに導入されたシステムへのアクセスやデータを見ることはできません。企業の信頼を示す契約書データを、完全に保護された環境下で管理することができます。

Keiyaku.Aiの導入を検討される企業様へ

貴社の契約フローに沿って、新契約ブラットフォームを構築するために、Keiyaku.Aiプラットフォームを利活用 してください。他社に管理された従来のプラットフォームとは違い、完全に自社内の管理下におかれた安全なプライベートシステムで、契約データを作成から運用、管理まで次世代の技術を使って構築可能です。

中小企業向けには、現状のKeiyaku.Aiをそのまま使っていただくプランもございます。

法務部門のDXに取り組むためのプラットフォームとして Keiyaku.Aiをご利用ください。

導入を検討される企業様へ

次世代契約システムの導入をお考えの企業様へ お問合わせはこちらから

Keiyaku.Aiの導入に向けて取り組む企業様へ


中小企業向け 次世代契約   大企業向け 次世代契約構築