Keiyaku Drive

契約書はいつまでも、ブロックチェーンにそのままで

ブロックチェーンによって契約書を改ざんできない状態で半永久的に保管します。また、膨大な数の契約書の中から目当ての契約書を即座に見つけられる詳細検索機能を備えています。

Keiyaku Driveの特長

Keiyaku Driveでは、登録する情報の種類に応じて複数のブロックチェーンを使い分けるマルチメインネット方式でコストを抑えながらブロックチェーンのメリットを享受できる方法を活用しています。また、AOSグループのDXソリューションであるさまざまなプラットフォームサービスとの連携が可能です。契約書データを独自技術によりデータ活用に最適なデータフォーマットで作成することで、AI分析や自社でお使いのシステムとの連携など契約業務のDX化を実現するための柔軟な機能が特長です。

Keiyaku Driveの機能

Keiyaku Driveでは、電子帳簿保存法第10条の要件を満たした形で契約書を保管することが可能です。紙の書類をスキャンしてKeiyaku.Aiにインポートし、OCR機能により全文検索することで、これまでの紙の契約書と、これからの電子契約ファイルをKeiyaku.Ai上で一元的に管理することができます。ご要望に応じて必要な機能を追加・修正することも、不要な機能を削除することも可能です。

Keiyaku.Aiを構成する3つのステージ

Keiyaku.Aiは、「Keiyaku Drive」の他に、「Keiyaku Studios」、「Keiyaku Sign」の3つのステージから構成されています。全ステージ同時のご利用はもちろん、必要なステージのみのご利用も可能です。

ご利用の流れ

企業様ごとにKeiyaku.Aiのプラットフォームを導入し、それぞれの契約フローに沿った形で契約システムを構築いたします。このシステムは、他社に管理された従来のプラットフォームとは異なり、完全に自社内の管理下におかれた安全なプライベートシステムです。第三者はもちろん、弊社でさえも、システムへのアクセスやデータの閲覧ができません。企業様の大切な契約書データを、完全に保護された環境下で管理することができます。

法務DX 三種の神器をフル活用

Keiyaku.Aiでは、紙の契約書を取り込んだPDFの保管や、作成した契約データのセキュアな共有など、金融系ファイル共有方式と使い方にあわせたストレージ一体型のソリューション「AOS 法務DX」との連携で契約業務のDXを加速します。