Keiyaku.Aiで契約プロセスのDXを実現

Keiyaku.Aiは、LaaS(LegalTech as a Service)の基盤技術「Xシステム」をベースとした独自技術によって契約書の作成・編集、承認・締結、管理・運用までの全プロセスをサポートする次世代の総合電子契約プラットフォームです。

Keiyaku.Aiの3つの強み

Keiyaku.Aiは、ブロックチェーン技術と独自の暗号化技術によって、契約書を改ざんや漏えいから守る最先端のセキュリティと、低コストかつ短期間で、企業様ごとの事業内容に合わせた電子契約プラットフォームを構築・提供することができます。契約書の保存先は、ブロックチェーンとクラウドどちらでも選択することができ、各企業それぞれのDXのステージに合わせた運用が可能です。

Keiyaku.Aiの優れた機能

Keiyaku.Aiは、開発企画メンバーに法務博士や、契約業務の専門知識のあるスタッフを加え、実務で使いやすいUXをデザインしました。 契約先が同じシステムを持っていない場合にもKeiyaku.Ai上でインストールの負担なく契約を締結することができます。また、API連携によって既存のワークフローと接続し、業務効率をはかることができるなど、優れた機能で企業の契約業務のDX化を支援します。

データ活用を最適化する技術力

電子契約のメリットを最大限生かすためには、データ活用が重要なポイントになります。しかし、紙の契約書に比べてデータは改ざんしやすく 漏えいリスクがデメリットとして考えられていました。Keiyaku.Aiは、高セキュリティが特長のブロックチェーン技術を生かしながら、AI活用や、BigDataの保存など、独自の技術力で企業の契約データの活用を最適化するプラットフォームを開発しました。

Keiyaku.Aiを構成する3つのステージ

Keiyaku.Aiは、「Keiyaku Studios」、「Keiyaku Sign」、「Keiyaku BCStorage」の3つのステージから構成されています。 全ステージ同時のご利用はもちろん、必要なステージのみのご利用も可能です。

Keiyaku.Aiの基盤技術「Xシステム」とは

「Xシステム」とは、AIやブロックチェーン、検索に最適なデータ活用を可能とするリーガルテック社独自の基盤技術です。企業に蓄積される契約データをより価値あるデータに変えていくことで、さまざまな企業のデジタルトランフォーメーションを実現する次世代契約システムを支える根幹の技術となります。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン技術の基礎知識 1〜イントロダクション〜真贋判定

Keiyaku.Aiの独自技術

「Xシステム」を基盤とするKeiyaku.Aiは、BigDataを高パフォーマンスでデータ交換できるデータベース形式、2重暗号化、ブロックチェーン上で写真や動画を保存、低コストでブロックチェーンを活用するマルチメインネットなど既存の電子契約システムにはない独自の技術があります。